ロングコートチワワのティラたん&ぴぃーち&チェルシー&エピ&シュシュ

わが家のチワワとの旅行や日常のできごとを綴っています

手作り犬用ステップのチロクマ家バージョン【大雑把なチロクマの簡単DIY】

f:id:tirokumake:20200331133126j:plain

f:id:tirokumake:20200331133137j:plain

f:id:tirokumake:20200331133148j:plain

f:id:tirokumake:20200331133156j:plain

f:id:tirokumake:20200331133204j:plain

f:id:tirokumake:20200331133214j:plain

f:id:tirokumake:20200331133223j:plain

f:id:tirokumake:20200331133857j:plain

f:id:tirokumake:20200331133911j:plain

f:id:tirokumake:20200331133948j:plain

f:id:tirokumake:20200331134050j:plain

f:id:tirokumake:20200331134100j:plain

f:id:tirokumake:20200331134201j:plain

f:id:tirokumake:20200331134324j:plain

f:id:tirokumake:20200331134337j:plain

f:id:tirokumake:20200331134345j:plain

f:id:tirokumake:20200331151144j:plain

f:id:tirokumake:20200331134834j:plain

f:id:tirokumake:20200331134926j:plain

f:id:tirokumake:20200331134934j:plain

f:id:tirokumake:20200331134942j:plain

f:id:tirokumake:20200331134952j:plain

f:id:tirokumake:20200331135004j:plain

f:id:tirokumake:20200331135014j:plain

年中ほぼ室内で過ごす4チワワのために、犬用ステップを作ってみました。
どうしても、ソファーやテーブルの上にのぼりたがるので、これまで市販のいろんな犬用ステップや高反発クッションを組み合わせ、足場を使ってきましたが、それぞれ長所短所があり、年々いろんな課題がでてきました。

まず、

布製カバーの犬用ステップは、すべりにくいけれど替えカバーがない場合が多く、本体まで汚れやすくて清潔を保ちにくいです。さらに、段差が10センチ~15センチのものが多く、4チワワが上るにはちょっと高いです。かといってステップ自体の高さは低めで、わが家のソファーと高さが合いません。

つぎに、

犬用スロープは、傾斜角度の設定がむずかしく、上げすぎるとのぼれず、低すぎると置き場所を広くとるだけになってしまいます。

そして、

合成皮革カバークッションは撥水するので手入れは簡単ですが、表面のツルツルで4チワワがすべるため、すべりどめシートや別カバーなどが必要になります。

 

とにかく、何よりここ数年でティラたんが、段差をのぼる前に躊躇したり、すべって上れなかったりする瞬間をたびたび見かけるようになりました。

そこで何とかしたいと思っていたチロクマは、思い切ってチップウレタンのシートを購入し自作してみました。

必要ヶ所に応じてサイズカットし、段々に重ねて上からバスタオルをかけるだけ。両面テープも必要ヶ所にちょっと付けているだけですが、ウレタンの摩擦で簡単にはずれません。それに、いつでもレイアウト変更できるように、ガッチリと貼り付けないほうが良いと考えました。段差は1枚だと4センチで、2枚重ねで8センチです。

また、覆うものを白いバスタオルにしたのは、汚れたらすぐわかるよう、吐いたりお腹を壊しているなど、4チワワの不調に気づきやすくするためです。

・・・といいながら、

キッチリ測ってまっすぐ切るとか、底部分にラバーを貼るとか、インテリアにあうカバーを縫うとか、すべて面倒に思ってしまい、そんなことをしている間に制作意欲が消え去りそうなのでやめただけです。めんどくさがりで大雑把全開のチロクマですが、かといって作らないでいると、見るたびきっとぐずぐず思い悩むはずでした。

結果、このようなスタイルになったわけですが、見た目もまったく良くはないし、チップのクズも動かすたびにでるので掃除をし、バスタオルは毎日フル交換するので洗濯に追われるなど、マイナス面も山盛りです。でも、ティラたちが毎日スムーズに動き遊び回っているので、今のところこれでいいかなと。

昔、ブロ友さんが「犬飼いの家は、アスレチック化するの当り前」とおっしゃってたことがあります。ティラと出会う前は、シンプルかつスタイリッシュな室内を目指していましたが、そんなことは今となってはどうでもよく、4チワワが心地よく過ごせればいいとだけ思っているチロクマ家です。