ロングコートチワワのティラたん&ぴぃーち&チェルシー&エピ&シュシュ

わが家のチワワとの旅行や日常のできごとを綴っています

ふたたび増えた咳と縮まない心臓【2月1日~2月6日のティラたん】

f:id:tirokumake:20210208193825j:plain

2月1日の朝の様子も落ち着いていたティラたん。呼吸も食欲もトイレも、いつも通りでした。咳は少し減ったように感じました。

f:id:tirokumake:20210208215538j:plain

そして、昼前に診察へ行き、レントゲンを撮りました。肺の「もや」はほぼ消えていましたが、心臓の大きさは前日とあまり変わりないように見えました。

しかし、ティラたんは落ち着いていたので、このまま安静にして自宅療養することになり、留置針は抜いてもらって帰宅しました。

f:id:tirokumake:20210208220759j:plain

翌2月2日も2月3日も、普通に過ごせていました。咳も少な目で、呼吸数も20回~26回程度、動き回り食欲もありトイレも問題なく横になって眠れていました。

f:id:tirokumake:20210209154521j:plain

f:id:tirokumake:20210209081203j:plain

そして、今回は落ち着いたと考え、2月4日の朝、ブログ記事にさせていただいたわけです。

ところが、2月4日夕刻頃からなんとなく咳が増えたように思いました。座っている時間も長く、表情はぼんやりと。でも、しばらくすると動き回り、食欲もトイレも呼吸数も変わらず、これぐらいは仕方ない範囲なのかとも考えていました。

f:id:tirokumake:20210209151157j:plain

その翌日2月5日もぼんやり座っていたり、咳き込んでいるときが多いように思いました。ただし、食欲もトイレも呼吸数も変わらず、横になって眠れていたので様子を見ることに。

f:id:tirokumake:20210209155903j:plain

2月6日の朝、ふたたび動物病院へ向かいました。レントゲンを撮ると2月1日に撮影した写真より、肺の「もや」は少しあるように見え、心臓は縮んでいませんでした。獣医から「心臓が大きくなったままで、これ以上縮小しない段階」にきている可能性もあるという説明があり、かすかな絶望感を覚えました。

とにかく利尿剤を注射で打ってもらい、自宅へもどりました。

f:id:tirokumake:20210209161605j:plain

この日夜にはアチャモがもどったため、交代で見守りながら、とにかくティラたんの安静に努めることにしました。

**************

ここで一旦区切らせていただきます。

つづきます。