ロングコートチワワのティラたん&ぴぃーち&チェルシー&エピ&シュシュ

わが家のチワワとの旅行や日常のできごとを綴っています

ティラたんと2度目の旅行の想い出【2007年10月の鹿島】

f:id:tirokumake:20211106101651j:plain

ティラたんの想い出話はまたさかのぼり、2007年のできごとを綴ります。

f:id:tirokumake:20211109175758j:plain

2007.9.24 生後3ヶ月のティラたん

2007年10月、ティラたんと2度目の旅行へでかけました。

行先は茨城県の鹿嶋市です。

これまでも書かせていただいている通り、長年チロクマとアチャモはサッカーJ1リーグの鹿島アントラーズを応援しています。

1994年の秋に初めて訪れて以来、毎年秋には行って関係者や友人方と交流し、いっしょにホームゲームを観戦するのが恒例になっていました。

そしてこの年、ティラたんもいっしょに連れて、約600㌔の距離を7時間以上かけ、ゆっくり休けいを多めにとりながら向かいました。

鹿島に到着していろんな方に挨拶をしながらティラたんを見せると、どなたも笑顔になりとても可愛がってもらえました。鹿島の方々はみな愛犬家で、犬と暮らしているご家族が多いです。

2泊3日の行程だったと思いますが、訪問と試合観戦の合間にティラたんと鹿嶋市近郊をドライブしました。それまで10年以上も行っていたのに、観光はほぼしたことがありませんでした。鹿島灘も初めて降り立ってみました。

f:id:tirokumake:20211110084046j:plain

2007.10.7 鹿島灘を望む海岸でティラたんとチロクマ

f:id:tirokumake:20211109190807j:plain

生後4ヶ月のティラたん

f:id:tirokumake:20211109191510j:plain

f:id:tirokumake:20211109190826j:plain

波の音が気になる様子

まだ地面に下ろして歩かせることができない月齢だったのでずっと抱っこでしたが、ティラたんは波の音に興味津々だったのをなんとなく覚えています。

f:id:tirokumake:20211109191900j:plain

2007.10.8 移動中の車内のティラたん

f:id:tirokumake:20211109191917j:plain

クルマの中でも元気に遊ぶティラたん

ティラたんは移動中も訪問先でも、ずっとごきげんに過ごしていました。つかれると、どこでも静かに寝ていました。

f:id:tirokumake:20211109195545j:plain

2007.10.8 クラブハウスのロビーにて

f:id:tirokumake:20211109195626j:plain

アチャモの膝上で

f:id:tirokumake:20211109195653j:plain

お昼寝ティラたん

やがて帰路につき、東京都内を通り抜けるときは、なるべく窓から外を眺めさせました。

f:id:tirokumake:20211109203642j:plain

2007.10.8 首都高となぜか足上げティラたん

いくつかのSAで、それぞれゆっくり休けいをとりました。

f:id:tirokumake:20211109213117j:plain

2007.10.9 富士川SA下りのスターバックスコーヒー

f:id:tirokumake:20211109214934j:plain

テラス席に座るティラたんとチロクマ

写真はあまり撮っていませんが、この時も楽しいティラたんとの旅行でした。

f:id:tirokumake:20211110070706j:plain

ハンドタオルにくるまっているティラたん

ここからは余談になりますが、

このときティラたんがつけているのは、先日記事にしたGUCCIのより先に買った1番最初のリードとカラーです。どこのブランドだったかは忘れましたが、最初にGGさんの服を見つけた頃、一緒に購入しました。

f:id:tirokumake:20211110070946j:plain

ティラたん用に買った最初のリードとカラー

当然、すぐサイズが合わなくなり使えなくなったのですが、現在はチロクルマのキーをつけています。

f:id:tirokumake:20211110071115j:plain

チロクルマのキーをつけたティラたんのリード

チロクマが運転するときは、これを首から下げています。理由については、キー閉じ込めをしたことがあるからです。

クルマのキーは常に身に着けておこうとしても、いつもポケットのある服を着ているとは限りません。以前はカバンにいれて持ち歩いていました。

しかしある日、外出先で止めた駐車場から帰ろうとしたときのことです。

先に後部座席にカバンを放りこみドアを閉めてから運転席へ回り、ドアをさわったところ「カシャン!」と嫌な音が。ボタンを触ってしまったのか、キーの電波が弱かったのか、ドアがロックされてしまいました。

当然どうやっても開かず、しかたなく電車で家に戻り、翌日スペアキーを持っていったことがあります。

f:id:tirokumake:20211110072312j:plain

運転時は首からさげているチロクルマのキー

それ以来、ティラたんたちよりリードとカラーをつけているチロクマです。

f:id:tirokumake:20211110082814j:plain

f:id:tirokumake:20211110082410j:plain

2020.3.17 みんなで緑地散歩