ロングコートチワワのティラたん&ぴぃーち&チェルシー&エピ&シュシュ

わが家のチワワとの旅行や日常のできごとを綴っています

水際を走るティラたんと3チワワのクールダウン【復活のティラたんの祝誕生日◆その32】

f:id:tirokumake:20200717190921j:plain

f:id:tirokumake:20200717190954j:plain

f:id:tirokumake:20200717191018j:plain

f:id:tirokumake:20200717191030j:plain

f:id:tirokumake:20200717191139j:plain

f:id:tirokumake:20200717191155j:plain

f:id:tirokumake:20200717191206j:plain

f:id:tirokumake:20200717191216j:plain

f:id:tirokumake:20200717191225j:plain

f:id:tirokumake:20200717191235j:plain

f:id:tirokumake:20200717191246j:plain

f:id:tirokumake:20200717191256j:plain

f:id:tirokumake:20200717191305j:plain

f:id:tirokumake:20200717191318j:plain

f:id:tirokumake:20200717191326j:plain

f:id:tirokumake:20200717191339j:plain

f:id:tirokumake:20200717194757j:plain

f:id:tirokumake:20200717194809j:plain

f:id:tirokumake:20200717194819j:plain

湖畔の砂浜をまだまだ楽しむティラたんと、そのそばをリードつきで歩くシュシュ。でも、松ぼっくりにも水際にもまったく興味なし。チェルとエピはエアバギーに乗ったまま。

ところが、時間とともに気温が上がって行き、辺りはジワジワと蒸暑く。水浴び状態で遊んでいるティラたんはともかく、3チワワにはキケンと感じたチロクマ。

そこで、シュシュをバギーにもどすと、チェルとエピといっしょに、持参したペットボトルの水をそれぞれ頭にビシャビシャかけて、応急クールダウン。ほっとして見ると、毛がぬれて小さく見えたのは、チェルだけでした。