ロングコートチワワのティラたん&ぴぃーち&チェルシー&エピ&シュシュ

4チワワとの旅行や日常のできごとを綴っています

さらに琵琶湖畔を楽しむティラたん【復活のティラたんの祝誕生日◆その28】

f:id:tirokumake:20200713143648j:plain

f:id:tirokumake:20200713143657j:plain

f:id:tirokumake:20200713143709j:plain

f:id:tirokumake:20200713143718j:plain

f:id:tirokumake:20200713143732j:plain

f:id:tirokumake:20200713143747j:plain

f:id:tirokumake:20200713143859j:plain

f:id:tirokumake:20200713143913j:plain

f:id:tirokumake:20200713143922j:plain

f:id:tirokumake:20200713143944j:plain

f:id:tirokumake:20200713143957j:plain

f:id:tirokumake:20200713144008j:plain

f:id:tirokumake:20200713144022j:plain

f:id:tirokumake:20200713144030j:plain

f:id:tirokumake:20200713144045j:plain

f:id:tirokumake:20200713144054j:plain

f:id:tirokumake:20200713144104j:plain

f:id:tirokumake:20200713144114j:plain

f:id:tirokumake:20200713144126j:plain

アチャモが姿を見せると、駆け寄っていったティラたん。チェルたちを乗せたエアバギーを砂浜へ慎重に引っぱる間、そばにつき誘導して手伝うかのように。

いつもの湖畔は、自粛期間中に念入りに清掃されたらしく、漂着物もなく半分埋まった流木もなくとても美しい状態。いつもなら、4チワワが歩いたり走ったりするエリアで、多少は取り除く作業をします。

そして、そのついでに見つけるクルミや木片。毎回、それらを投げさせては、水際を走ってとりに行く遊びが大好きなティラたん。この時は、遊歩道近くで松ぼっくりを拾ってきました。

とはいえ、この2ヶ月前に2度目の肺水腫になったばかり。遊ばせることも遊ぶかどうかということも、不安に思っていました。でも、アチャモが投げた松ぼっくりを追いかけ、すぐに元気いっぱい駆けだしたティラたんでした。