ロングコートチワワのティラたん&ぴぃーち&チェルシー&エピ&シュシュ

わが家のチワワとの旅行や日常のできごとを綴っています

山中湖の湖畔の紅葉と4チワワ【復活のティラたんと紅葉旅行◆その47】

f:id:tirokumake:20210124210939j:plain

f:id:tirokumake:20210124211120j:plain

f:id:tirokumake:20210124211130j:plain

f:id:tirokumake:20210124211138j:plain

f:id:tirokumake:20210124211150j:plain

f:id:tirokumake:20210124211158j:plain

f:id:tirokumake:20210124211220j:plain

f:id:tirokumake:20210124211818j:plain

f:id:tirokumake:20210124211833j:plain

f:id:tirokumake:20210124211921j:plain

f:id:tirokumake:20210124211932j:plain

f:id:tirokumake:20210124211944j:plain

f:id:tirokumake:20210124211957j:plain

f:id:tirokumake:20210124212008j:plain

f:id:tirokumake:20210124212018j:plain

f:id:tirokumake:20210124212031j:plain

f:id:tirokumake:20210124224405j:plain

f:id:tirokumake:20210124212057j:plain

f:id:tirokumake:20210124212109j:plain

f:id:tirokumake:20210124212119j:plain

f:id:tirokumake:20210124212136j:plain

f:id:tirokumake:20210124212147j:plain

f:id:tirokumake:20210124212159j:plain

早朝から山中湖畔を散策していたチロクマ家。曇り空だったので当然富士山は見えず、静かな湖面にはたくさんの水鳥がいて、まるで水墨画のような風景。

その様子を眺めながら、湖畔沿いの「富士吉田山中湖自転車道線」を歩いて行くと、県道側の斜面に数本のあざやかな紅葉が。周囲の色からひときわ際立つ美しい色合いに、目を奪われました。

そして、この紅葉の下でも4チワワの写真を撮り、ティラたんはアチャモが抱えたままで、エアバギーにはチェルとエピとシュシュ。

いつでも私たちはティラたちの「リフト」や「台」や「ストッパー」などの役割をこなし、それぞれ身に着けているものは、4チワワが座るマットやクッション代わりだったり、寒い時には包む用だったり、暑い時には日よけだったり、何なら水や汚れを拭くタオル代わりの時も。つまり、4チワワの写真はたくさん撮るけれど、トリとクマは単なる背景。

なのに最近、写真に4チワワと笑顔で写る当主の「家族写真」が増えているように思うチロクマです。